2010年06月15日

張り込み

本日の勤務を終え、帰宅の途につく。

新幹線の駅近くに借りている駐車場に、
ハンドルを切り返し、白線に沿ってキチンと駐車して
車を降りようとした時、ケータイが鳴った。

「そんなに几帳面に駐車せんでもえぇ〜んよ」がく〜(落胆した顔)


ヤツはすぐ近くにいる。
張りつめた空気が漂った。 どこだ、、、どこから見ている。

見回すと、
道路を挟んだ向かいの駐車場に止めてる車の中、
楽しそうな笑顔の手タレ君がいた。ちっ(怒った顔)

20100615.jpg

雨が降っていたので、短い距離だけど、
駐車場から駅まで送ってもらいました。



2010年05月05日

うっかりハチべぇの事件簿

GWの最終日を、昨日からの熱が下がらず、ベッドで寝て過ごした。 もうやだ〜(悲しい顔)

ふとんの中で、手タレ君とてっちゃんとの飲み会を思い出してみる。
今回も楽しくよく飲んだなぁ〜。 わーい(嬉しい顔)
テッチャンは今回もヘベレケになってたなぁ〜。 ビール

テッチャンのヘベレケつながりで、だんだんと過去の記憶が蘇る。
かなり前、3人で福山で飲んだときの話だ。

------------------------------

2次会(?)へと歩いていたとき、ふと気がつくと
後ろをヘベレケになってフラフラと歩いていたテッチャンがいない。

ヘベレケになると、どこでも座り込んで寝てしまうテッチャン。
手タレ君:「ええよ、気がつけば電話してくるよ」と
ほったらかしたまま、次の店で飲んでいた。

しばらくして、手タレ君の携帯が鳴った。(見知らぬ番号)
「○○病院です。お友達を治療していますので、
 連れにきてもらえませんか?」と看護婦さん。

なんでも、通行人が親切に(?)、救急車を呼んでくれ、
病院に搬送されたそうだ。

それでも手タレ君、心配するどころか、
「あいつは、どこまでも迷惑をかける」と逆におかんむり。 ちっ(怒った顔)
「明日、迎えに行けばいいよ」とそのまま飲み続けていた。

すると、しばらくして今度はテッチャンの携帯から電話。
テッチャン:「お前ら、今どこにおるんなぁ〜」
蘇ったテッチャンと再び合流した小生達はその後も楽しく飲んだ。

聞くと、テッチャンは、
気がついたら病院のベットの上で、点滴を受けていたそうだ。
酔っぱらっていた頭で考えた末、
自分で針を抜いて、フラフラと病院から逃げ出してきたという。 がく〜(落胆した顔)


振り返ってみても、すさまじい飲み会である。 ふらふら わーい(嬉しい顔)

20100505.jpg

2010年04月30日

てっちゃんの帰省を喜ぶ会 in 福山

GWで名古屋からてっちゃんが帰省しました。 わーい(嬉しい顔)

ということで、本日は手タレ君と3人でいつもの飲み会。ビール
(仕事が遅くなるからという、手タレ君の都合により
 福山が会場となりました。
 なのに、小生が仕事を終えて、新幹線で福山駅に着いた時には、
 すでに手タレ君とてっちゃんは入店済み。おかしい。
 手タレ君はときどきこのような手口を使います。) ふらふら


1次会から絶好調のてっちゃんと手タレ君。
なんだかんだと手タレ君に言いがかりをつけられ、
大男のテッチャンがだんだんと小さくなっていきます。
(いつものことです)

テッチャンが1次会の会計をしているとき、その事件は起きました。
なんとテッチャン、酔って携帯を忘れて店を出て行ったのです。
そのことに気づき、テッチャンの携帯を入手した手タレ君は大喜び。
タクシーの中でも、手タレ君はつつきまくりです。
(狭い助手席に座らされた大男テッチャンは全く気づいていません)

20100430_1.JPG 20100430_2.JPG

2次会でも全く気づいていないテッチャンは飲めや歌えで大騒ぎ。
酔うと必ず1度はやる、手タレ君との力くらべも披露。
(力関係とはちがい、ただの力はテッチャンの方が上です。)

20100430_3.JPG 20100430_4.JPG

2次会中盤、テッチャンが携帯のないことに気づきました。
慌てふためくテッチャンにマイクを持ったまま説教する手タレ君。
「そんなんじゃけ〜、お前はいつまでたっても
 うっかりハチべぇって言われるんよ」
(言ってるのは手タレ君だけですが、、)
テッチャンも目に涙を浮かべて、自分の不甲斐なさを反省しています。

20100430_5.JPG 20100430_6.JPG

携帯も返してあげ、仲良く仕上げのラーメン「とんとん」。
酔ってヘベレケのテッチャンは、手タレ君のスーツにビールをこぼし、
ささやかな抵抗をしていました。

20100430_7.JPG 20100430_8.JPG

本日はテッチャンと福山のホテル泊。
お疲れさまテッチャン。
また帰ってきたらやりましょうね。 わーい(嬉しい顔)
おやすみなさい。眠い(睡眠) (手タレ君はお家でスヤスヤ)

2010年04月22日

迷惑メール

数日前から、身に覚えのない奇妙なショートメールが届くようになった。

「また会いたいな 黒ハート

ショートメールで、番号も表示されている。
見たこともない番号だ。

翌日は、
「また飲み会に誘ってね ハートたち(複数ハート)

また、同じ番号からだ。

出会い系サイトへの誘導メールか?
そして、架空請求へと繋がるんだろうな、
と考えると無視するのが一番。
(それでも、本当に知ってる女性からだったら?
 って思わせるところが怖い)


またまた、メールが届いた。
「お返事くれないのですね もうやだ〜(悲しい顔)

しつこい迷惑メールだ。 ちっ(怒った顔)
(ホントに迷惑メールなのか??
 って思わせるところがまた怖い)



そして、本日またおなじ番号でショートメールが届いた。

「明日から、この番号に変わります。 手タレ 」


殺す。ちっ(怒った顔) パンチ


20100422.jpg


(もしも、返信なんぞしていたら、
 思いっきり笑い話にされていただろう。
 そう思うと、ある意味、架空請求より怖い。 もうやだ〜(悲しい顔)

2010年04月10日

オオカミ中年

昨日の話。

職場の飲み会(1次会)の終了間際、
2次会からの合流をと誘っていた手タレ君からメール。
「今、福山駅。電車に乗りました。」

普段からいいかげんなことばかり言う手タレ君のこと、
どうせ乗ってもないくせに、と話1/10くらいにメールを読んだ。

数分後、再びメール。「今、東尾道」
うまい時間にメールしてきたな。ホントは来てもないくせに。

再々度メールが来た。
「尾道駅に着きました。」
どうせ、着いてもないくせに、と
半信半疑のまま、電話をすると、

「なんしょーんな、はよ〜こいや!」と手タレ君。

それでもまだ信じられず、
どうせ、福山の方で飲みながら電話に出たんだろうと思って、
適当に、
「あと1分で着くよ、駅前の○○店に入って席予約しといてよ。
 そうだな、8〜10人くらい」
と、電話を切った。
(この時、小生はまだ1次会の会場)

1次会を終え、送迎バスで尾道駅に着いたのは、
手タレ君との電話を切って、どれくらい経ってからだったろうか。

これまでの経緯を話し、同僚N氏とYさんと3人で
半信半疑ながらお店に入った。

小生:「○○(手タレ)で予約してますかね?」
店員が首を傾げ、数人でコソコソ。
店員:「お名前は聞いてないですが、
    奥で一人、お待ちになられています。」

それでもまだ疑わしいが、、もしや、、、。

奥の座敷席に行ってみると、
多くお皿がならべられたテーブルに
一人ぽつんと座って、手タレ君が待っていた。がく〜(落胆した顔)

20100410_2.jpg
(イメージ図 ↑)

小生:「ホントに来てたんだね。」
手タレ君:「そうよ〜るじゃなぁ〜」
手タレ君の怒りをよそに、一同は大笑い。わーい(嬉しい顔)

手タレ君:「で、3人って、どうするんな、こんなに予約して!」
と手タレ君の怒りは収まらない様子。

あわてて、同僚を呼び寄せ2次会の増員。
いっぱいとなった2次会も盛り上がり、
結局、3次会でこの日を終えた。

ちなみに、手タレ君は席取りの役目を終えて、
2次会の途中、再び福山へと帰っていきました。
お疲れさま。手タレ君。

20100410.jpg
(みんなで手タレ君の明日を占ってみよう ↑)

2010年03月15日

恋人?の色

ちょうど1ヶ月前、小生は北海道に向かっていた。
(もう1ヶ月も経つんだ。早いなぁ〜)

本日は久々登場の手タレ君。
ランチも久々、1ヶ月ぶりとなる。

長らく持っていた北海道土産の「白い恋人」を渡し、
ランチを快食。 レストラン

20100315_2.jpg

夕刻、別件で手タレ君に電話をすると、
元気な声で手タレ君。
「はい。黒い恋人でぇ〜す」

色はどうでもいいが、お前は恋人ではない。 ふらふら

20100315.jpg

2010年01月26日

それぞれの夢

小生の夢は、いつか
キャンピングカーで
パソコンと携帯電話を使ったビジネスをしながら、
全国を旅すること。 わーい(嬉しい顔) グッド(上向き矢印)

結構、長く思い描いている夢なのである。

手タレ君にその話をすると、

手タレ君: 「いいなぁ〜。俺も一緒に行くよ。」
小生  : 「だめだよ。お前は旅の間、収入がないもん。」
手タレ君: 「じゃあ、俺、うどん屋するよ。」
小生  : 「どうやって??」

手タレ君のイメージは、こんな感じらしい。あせあせ(飛び散る汗)

20100126.jpg

小生のキャンピングカーに屋台を引っ張らせて、
2人で旅をしながら、うどんを売るという。

今では、ランチの時にかけ声の練習までやらされる始末。ふらふら

手タレ君:「お客からの注文を受けたときからいくよ」
手タレ君:「(威勢よく) 天ぷらうどん、いっちょう!!グッド(上向き矢印)
小生  :「はい! よろこんで〜〜 グッド(上向き矢印)

だから、俺はデジタルなビジネスをするって言ってるのに。バッド(下向き矢印) もうやだ〜(悲しい顔)

2010年01月05日

襲来

本日、夜の予定がキャンセルとなり、
家にいたところに、突然 手タレ君から電話。

手タレ:「今、広島駅。夜の予定がキャンセルになった。
     出てこない?」
小生 :「え? 今から広島駅に??
     着いたらお前どうせもう酔ってるんだろ?」

との会話のあげく、間をとって西広島で落ち合うことに。
(このことが、2次会へのトリガーとなった がく〜(落胆した顔)

迷わず立ち寄ったお店は、西広島の「やよ福」。
(昨年夏にリニューアル)

20100105_1.jpg

正月や一昨日の話で楽しくひとしきり飲んだ、その後

小生 :「近いから、次、久々にうちに来るか?」
手タレ:「そうしよう! 揺れるハート
     ケーキとかいっぱい買って帰ろうや〜」
       帰るって、俺の家ですけど、、。 ふらふら

と、大はしゃぎのまま我が家に突入。グッド(上向き矢印)

家でも、家族を巻き込んで大はしゃぎの手タレ君。わーい(嬉しい顔)

20100105_4.jpg

手タレ君が帰ったあと、みんな笑い疲れていました。ふらふら

でも、また遊びに来てくださいね。わーい(嬉しい顔)

2009年11月17日

踊る大総左遷

事件は現場で起きてるんだ!! 

(再生しながら記事をご覧ください。 ↓ )


手タレ君は、車の運転中もイヤフォンをつけて、
まるでSPか刑事のようだ。

20091117.jpg

本日のランチの時間。
小生が先日やよ福で、
1年半ぶりに浪速のてっちゃんを目撃したと証言したところ、
手タレ君が食いついた。
「長い逃亡生活だったな。で、浪速のテツは整形していたか?」

まったくどうでもいい会話である。ふらふら
( ※ 浪速のてっちゃんは、無実の善良な市民です わーい(嬉しい顔) )

2009年11月12日

召し捕ったり〜

手タレ君とランチをした時は、
いつも、少しの時間だけドライブをする。

本日は、一緒に尾道の鳴滝山登山口を探した。

車を降りてしばし散策。

前を歩く小生のお尻を刺そうと
手タレ君の手はいつの間にか杖を持っている、、。がく〜(落胆した顔)

やはり、こいつとの登山はやめておこう。 ふらふら

20091112.jpg

2009年10月20日

「脱落」の午後

本日、まだ明るい時間から
手タレ君に連れられて、福山に入った。
(きちんと休みをとっています)

小生と手タレ君の間では、
社会に反して(みんながまだ仕事をしている時間に)
究極にのんびりすることを「脱落」とよんでいます。

(会話例:「明日、脱落せん??」「いいよ」)

本日の「脱落」は、福山のカプセルホテル。 いい気分(温泉)
泊まるわけではなく、サウナに入って一杯やる。 ビール
そしてウトウト、ウトウト。 眠い(睡眠)
ただただ、まったりダラリと過ごすのです。
(この「脱落」は、土日では意味をなさない。
 人が働いている時間に脱落してこそ意味があるのだ)

しかし、これをやってしまうと社会復帰に時間がかかる。ふらふら
(「脱落」はしょっちゅうするものではありません。)

写真は、脱落中の手タレ君。
20091020.jpg

2009年09月04日

他人の歯痛

手タレ君が、歯痛に悩まされている。
彼の車には、痛み止めの市販薬。
手タレ君曰く「この薬は何錠飲んでも効かん」 ふらふら
(飲む量は決まってると思いますけど、、、)

とうとう市販薬では痛みが治まらず、歯医者に行ったそうだ。
その手タレ君、これまで歯医者に行っても、
完治するまで通ったことがないという。 がく〜(落胆した顔)
(痛みがなくなるとすぐに行かなくなるらしい、、、)

そのため、今回歯医者さんに行くと、
「頼むから、最後まで治療させてください。」
と言われたそうだ。 ふらふら

これまで、差し歯が抜けたら、
自分でアロンアルファ(100円ショップ購入品)でくっつける等、
何も投与されなくてもタミフル以上に考えられない行動をとる手タレ君。
(アロンアルファがあふれて、歯茎につき慌てたという逸話もある。)

歯医者さんもこんな患者には関わりたくないだろうなぁ。 もうやだ〜(悲しい顔)

過去の「アロンアルファ治療編」の記事はコチラ >>


20090904.jpg

2009年07月01日

終電も気にせず飲んでるシンデレラ

本日も、いつもの寄り道。

20090701_1.jpg

やよ福で隊長と一緒になり、楽しく飲んだ後、
一緒に三冠王へ移動。

なにげない会話をしながら、のんびりと飲んでいると、
そこへ、ドアが開き、なぜか泥酔の手タレ君。 がく〜(落胆した顔)

「なんで、おまえがおるんなぁ〜」と小生に向かって手タレ君。
こっちのセリフである。 ふらふら
なんでも、後輩が広島に配属になったそうで、
そのお別れ会の延長で後輩に三冠王を紹介するため一緒にきたという。
(後輩は手タレ君に腕をつねられアザをつくりながら連れられてきていた、、可哀想に。)

20090701_2.jpg

初対面の隊長も手タレ君には、あっけにとられた様子。
後に同期のチューバさんも現れた。

新幹線の最終を気にすることもできないほどへべれけの手タレ君は、
結局、(別の場所で飲んでいた同僚4人と再合流し)
タクシーで福山まで連れて帰ってもらったそうである。

どこかうれしそうな後輩さんでした。 わーい(嬉しい顔)

2009年05月22日

難しい職場復帰

しばし現実逃避をしていると,
職場復帰が難しい。 ふらふら

オートキャンプから帰った翌日,
職場復帰するも,気力が付いていかない。

ということで夕刻,
手タレ君とサウナでその課題についてミーティング。 いい気分(温泉)

リフレッシュしまくった小生には,
ますます,職場復帰が難しい?

20090522.jpg

2009年05月03日

テッチャンGW帰省

小学校の同級生,名古屋のテッチャンがGWで帰省した。
そこで手タレ君と3人で昼間の宴会を計画。

場所は,福山のコロナワールド。 いい気分(温泉)
一緒にサウナに入り,風呂上がりのビールを楽しもうという企画だ。

小生も朝から新幹線に乗り,福山へと向かった。
テッチャン,手タレ君とも合流しコロナに向かう途中,
テッチャンは小生達を待たせ,コンビニにお金を下ろしに入った。
と思ったら,すぐに出てきた。がく〜(落胆した顔) そのあまりのスピードに

手 タ レ : 「もう,下ろしたん??
        おまえ,暗証番号あるんか? 」
テッチャン : (ニヤニヤしながら)「あるわ〜〜,ないヤツがおるんかぁ〜」

と軽いジャブで宴の幕を開け,
結局,11時からスタートした飲みも,
気がつけば夕刻の6時を回っていた。 がく〜(落胆した顔)
その間,飲んでオオカミに変身した手タレ君のパンチを
何回も受けながら,楽しく飲む大男テッチャン。
(テッチャンも最初は熊のプーさんですが,
 酔うとものすごく大きなオオカミに変身します (-_-) )
まったく,楽しいときは早く過ぎるものだ。

今度,テッチャンは夏休み(お盆)に帰って来るという。
またやろうね。 ビール わーい(嬉しい顔)

20090503_2.jpg

2009年05月01日

同色反応

本日,日中に手タレ君は広島に来ていたそうで,
早い時間「今,三冠王を出たよ。これから福山に帰る」
と連絡を受けた。

小生はちょうど新尾道から新幹線に乗るところで,
入れ違いになりそうだ。
少々,残念であったが,かなり酔っていた様子だったので,
しかたないかとあきらめていた。

が! 広島に着くとナント手タレ君が待っているではないか。 がく〜(落胆した顔)
(人の都合に合わせることがまずない手タレ君には珍しい)

聞くと,手タレ君は新幹線の待ち時間に眠ってしまい
乗り遅れたところ,小生が駅に着いたという。わーい(嬉しい顔)

DVDレンタルの返却につきあってもらい,再び三冠王に向かった。

写真は,レンタルショップのひとコマ。
いつも真っ黒に日焼けしている手タレ君,
同色の人を見ると,すばやく笑顔で反応する。

20090501.jpg

2009年03月25日

武勇伝

ある勇敢な男の話をしよう。
遠い遠い昔の話だ。

ある飲み会で,男と女がいい雰囲気になっていた。
男がなにげなく発した言葉に,女が強烈な誘いとも取れる返答。
「それって,私と「マディソン郡の橋」をしたいってこと?? 」黒ハート

男のハートに火をつけた一言だった。 ハートたち(複数ハート)
(まさに「今夜いけそうな気がするぅ〜〜」)

深夜,その彼女の部屋の前にたたずむ男がいた。
手には,ビールとおつまみ。
浮かれてベルを鳴らし入ろうとする男に
女はあっけなく門前払い。失恋

「あの言葉は,まさに殺人兵器」とその男は後に語っている。

この話は、小生達のあいだで,
「マディソン郡の”恥”」
と呼ばれ、後世に語り継ぐべきマヌケ話として記録されている。 わーい(嬉しい顔)


2009年03月19日

クラウンで喰らう

本日,年間を通じたオシゴトの一区切り。
というこで,夜9時を過ぎて,
手タレ君と尾道の飲屋街「新開」へと繰り出した。

ひとしきり飲んで,仕上げに立ち寄ったのは,
夜の隠れた尾道ラーメン有名店「クラウン」。
店の外観からは,ラーメンが有名なお店とは想像もつかないが,
これが旨い!!

手タレ君も大満足。 わーい(嬉しい顔)

20090319_1.jpg

20090319_2.jpg

2009年03月03日

黒じょか

今日はすっかり雪景色。

早めに仕事を切り上げた小生は,
手タレ君に誘われ福山へ。

福山駅前で入ったお店(のみくい処とらや)で,
ひとしきり飲んだ後,
とどめに女将さんが勧めてくれたのが,
伝統的な酒器「黒じょか」で飲む芋焼酎。
注ぎ口に火をつけてくれた。

よくききました。

20090303_1.jpg

20090303_2.jpg

2009年01月23日

ややこしやぁ〜

本日,手タレ君とのランチで
お店の新規開拓にチャレンジ。

初入店のそのお店は,まだオープンしたばかりの串揚げ屋さん。
昼定食がいくつか用意されてた。

しかし,早さが売りのお店のようで,
昼定食も,数はあれど,どれも組み合わせを変えただけのようだった。

例えばこんなぐあいだ。
 ・串揚げ定食(串揚げ ,    ご飯,みそ汁,サラダ)
 ・おでん定食(おでん ,    ご飯,みそ汁,サラダ)
 ・チキン南蛮定食(チキン南蛮,ご飯,みそ汁,サラダ)

組み合わせが,少々複雑になってくる。
 ・カレー串揚げ定食(カレーに串揚げがのっている,サラダ)
   ※みそ汁はない

さらに,組み合わせが複雑になる。
 ・贅沢三昧定食(カレーに串揚げがのっている,おでん,サラダ)
   ※みそ汁はない


注文した定食を女性店員が運んできた。
しかし,持ってきたのは,バラバラの組み合わせで,
メニューにない定食だった。

小生はやさしく,「これ,組み合わせが違いますよ。」と指摘。

厨房に持ち帰り,会話が聞こえる。
「私,ダメぇぇ〜〜,わからなくなってきちゃったぁ〜」

どうやら,ハングアップした様子だ。 ふらふら

手タレ君が,小生の横の席でつぶやく。
「こっちが,カレー串揚げ定食でぇ〜,
 こっちが,贅沢三昧定食。

 えっ,違う????
 こっちが贅沢三昧でぇ,こっちがカレー串揚げ??

 ややこしやぁ〜〜, ややこしや 」


まだ,オープンしたてだからね。
無茶苦茶 笑って許してあげました。
(許したことになりませんかね  わーい(嬉しい顔) )

20090123.jpg


2009年01月10日

こいつと飲むと,,,

日中のオシゴトを終え,
昨日に引き続いて,今日も実家にお泊まり。
ということで,手タレ君を誘いだし,飲むことにした。

しかし,,こいつと飲むと,,,,
いつも決まって大騒ぎになる。 ふらふら わーい(嬉しい顔)

写真は,笑い疲れて食べる最後の〆。玉扇

20090110.jpg

2008年12月24日

セルフうどん

最近,手タレ君とランチに行くお店が固定化されつつある。
その原因は,こんな会話のやりとりにある。

小生: 「新規開拓してみるか?」
手タレ:「OK,いいよ」

小生: 「この店に入ってみるか?」
手タレ:「お前の責任なら入ってもイイよ」
小生: 「じゃあ,やめよう」

これは,「まずかったらお前が責任をとれよ。」
と言っているわけで,,,,。

手タレ君の場合,たとえ,同意を得て入ったとしても,
まずかった場合,一口食べた後,箸をもったまま,
いやみに首を傾げ,舌打ちするなどの
態度にでられるから始末に悪い。 ふらふら

で,結局,いつもの店になるのである。

20081224.jpg

2008年12月13日

夜食に玉扇

本日は,昼のオシゴトに加え,
夜もオシゴト,忙しくしていた。

そこへ手タレ君。
手伝いに来てくれたようだ。 わーい(嬉しい顔)
ワイワイ言っているうちに仕事も終了。

「行くか」と尾道の玉扇に
カレーうどんを食べにでかけた。

20081213.jpg

2008年11月15日

手タレとサウナ

本日は,午前中のオシゴトを終え,
午後,手タレ君とサウナに行った。

その時の話。
小生:「一緒に登山に行くか?」と持ちかけた。
手タレ君:「・・・・」
小生:「やっぱり,やめた。
 お前と一緒に行くと,どっちが前を歩くかでもめる。」

前を歩くとお尻をつつくとか,嫌がらせをお互いにやり合うことが想像されるからだ。 ちっ(怒った顔)

2人で登山に行くと,おそらく一歩も登れないだろう。 ふらふら

20081115.jpg

2008年11月03日

尾道散策飲みアル記(その2)

昨日の写真から。
そもそも今回の飲みは,
「尾道で鮨が食べたい」と手タレ君と出かけた。
ということで,3軒目。
(2軒目は手タレ君が選定したお寿司屋さん,
 天ぷらの飛び散る油におどろく店主を見て,ビール1杯で退散。)

なにげなく入ろうとしたお店,尾道商工会議所前にある「豊鮓」。
そのお店の暖簾を見てビックリ。
家紋が小生の家のと同じだ。 わーい(嬉しい顔)
これも何かの縁と初暖簾。 (名字を聞いてみたが,そちらはまったく違っていた)

おいしかった。

20081103.jpg

昨日は,まったくよく呑んだ。
おかげで本日は,たまらないほどの二日酔い。
サウナへ酒を抜こうと行ったが,気分が悪くサウナにも入れずじまい。
夕方までソファーで虫けらのように過ごした。

明日は,人間ドックだ! がく〜(落胆した顔)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。