2008年05月25日

モミジの実

モミジの実を見つけたので,写真を撮った。
小生,今日までモミジにこのような竹とんぼ型の実がなるとは
知らなかった。

広島県の県木にもなっているモミジ,
実は,小生の木でもある。 わーい(嬉しい顔)
(小生が生まれた年,両親がすこやかな成長を願い,
庭に一本のモミジを植えたそうだ。)

父親の話によると,
その庭に植えられたモミジ,
小生が小学生くらいまでは,大きく育ち,
葉も活き活きとしていたそうだ。 わーい(嬉しい顔)
それが,
中学生くらいから,葉の色も悪くなり, ふらふら
高校生の頃は,もはや瀕死の状態だったそうだ。 がく〜(落胆した顔)
(う〜ん,なんか小生の人生のまんまだ。 バッド(下向き矢印)

その後,大学時代の後半,少し息を吹き返してきたという
ところまでは話を聞いたことがあった。 グッド(上向き矢印)

で,気になって,今 どうなっているのかと
久々に父親に尋ねたところ,,,

「とっくの昔に枯れたわ〜」
と笑いながらのあっさりした返事。 がく〜(落胆した顔) がく〜(落胆した顔)

モミジはそれでいいですが,
小生の人生は? 無事に実を結ぶんでしょうねぇ〜???

20080525_1.jpg



posted by M at 19:48| Comment(4) | profile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
妻も子も居て、毎晩飲み歩き、良い仲間も居て、仕事も有って、両親も居る。これ以上何をお望みですか?立派な良い人生じゃない次項有
後は、脱メタボ位かな〜〜〜〜うりぼう
Posted by T。 at 2008年05月25日 23:59
>「とっくの昔に枯れたわ〜」

あはは、お父さんの返事に
二日続けて笑ってしまいましたm()m

枯れた初代もみじは残念ですが、
二代目を自分で育てたらいかがでしょう(^^)
夏の終わりに実が自然に落ちる頃(二枚の羽でクルクル舞いながら散るので「翼果」と呼ぶそうですよ)、種を拾っておいて晩秋または春先に蒔きます。

ただし、完全に乾燥させると発芽率が落ちるので素焼鉢などで土中保存するのですが、虫がついたり湿度の管理が素人には難しいので簡単な方法があります。
ビニール袋に入れて冷蔵庫(野菜室が冷え過ぎずにgood!)に入れておくと良いそうです(全部、樹木や庭仕事が好きだった祖父と父からの受け売りですが)。


Posted by 同期のチューバ at 2008年05月26日 10:08
T。 さん >>
 小生もいろいろ悩みはあるんだよ!!
 まぁ。たちまちの悩みといえば、
 ダイエットが ”身” を結ばないのが
 悩みなんだよねぇ〜。
Posted by M at 2008年05月27日 22:52
同期のチューバさん >>
 また、枯れると縁起が悪いので、
 木を植えるのは、やめておこうかと
 思っています。
Posted by M at 2008年05月27日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。