2007年10月11日

一人旅の後遺症

四国の一人旅の余韻も、程良く薄れつつある。

最後に、四国一人旅で描いた絵を恥ずかしながら掲載したい。


simant2.jpg


彩色をしていないのは、
時間とともに移り変わる 四万十の風景 をいつまでも思い描きながら見ていたいと思う気持ちからである。


posted by M at 22:10| Comment(4) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウォ〜、ウォ・ウォ〜〜
ついに、ついにでましたゾー!

さすがにです。
待ちくたびれ作戦にはまるくらいの
素人離れの作品と思われます!!

四万十の悠々と流れるせせらぎ音が
聞こえてきますヨ!

絵心をも持ち合わせている
チューバさんのコメントが聞きたや・・
今岡さんのコメントは恐れ多くもです・・

あっ!
絵の具お持ちしましょうか!



Posted by tetujinn27 at 2007年10月11日 23:06
四国一人旅の個展を開きませんか?
Posted by ゾウアザラシ at 2007年10月12日 13:57
お〜、ついに「公表」!

講評も好評(^^)/

しかし、「旅先でスケッチをする」…ええな〜
Posted by korikori at 2007年10月12日 16:29
tetujinn27さん >>
ゾウアザラシさん >>
korikoriさん >>

拙い絵を見ていただき、
さらにコメントまでいただいて、
ありがとうございます。
恥ずかしい限りです。
でも、これも思い出ですので、、。

絵を描くときしっかり風景を見ました。
ただ、風景を眺めるのとはやはり少し違ったような気がします。
Posted by M at 2007年10月12日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。