2015年09月13日

セレンディピティ(旅の思い出)

旅の余韻に浸っています。
高岡市に泊まった夜、素敵なことがありました。 わーい(嬉しい顔)

夕食に、富山湾の海の幸でイッパイ飲もうと
ブラリと歩いて、居酒屋に入りました。 ビール

IMG_0717.JPG

ズバリ、期待したとおりのお店でした。 グッド(上向き矢印) わーい(嬉しい顔)
カウンターに座ると、すぐに明るく気さくなおかみさんが、
声をかけ注文を聞いてくれました。

「旅で寄りました。富山湾のおいしいものをお願いします」というと、
まずは、刺身の盛り合わせ(シロエビの昆布締め入り)と
白エビの唐揚げを出してくれました。

DSC04912.JPG

DSC04914.JPG

常連客らしき人が楽しそうに飲んでいます。
(愛されているお店なんですねぇ)
おかみさんを交え、(カウンターの)二人の常連の方に富山の話を伺いながら、
しばらく、おいしい料理とお酒を楽しみました。

DSC04913.JPG

IMG_0713.JPG

その二人の常連の方が「次の店に行こう」と小生を誘ってくれました。
旅の間ヒゲも剃っていない、ジャージにサンダル姿ということを理由に、
一度は断りましたが、これも旅の楽しみと、ご一緒させていただきました。

三人で高岡市の夜の街を歩きます。
IMG_0715.JPG

連れて行ってもらったお店で、楽しい時間が過ぎました。

IMG_0714.JPG

たくさん飲んだので、そろそろ帰ろうかと思っていた頃、
一人の方が、もう一軒(静かなお店で)と誘ってくれました。

二人で次のお店に行きました。
その方は、70才近い紳士。
まだ仕事をされていて「自由な旅に憧れる」と話されていました。

その方に2軒目も3軒目もご馳走になりました。
どこの誰かもわからぬ小生のようなものに、
よくしていただき、ただ感謝の気持ちばかりです。

旅先での、まさに夢のような時間
人とのふれ合い、温かさを感じたすばらしい夜でした。 わーい(嬉しい顔)


posted by M at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。