2007年05月19日

吉田松陰に学ばない。

本屋である本と出会う。
「吉田松陰一日一言」
松蔭が残した名辞の数々が収録されている。本

syoin.bmp

パラパラと立ち読みしてると、
つぎのような一言があった。がく〜(落胆した顔)

「花柳詩酒に陥る如きは、真に道に志す者の必ず暇(いとま)あらざる所なり」

訳はこうである。
「本当に人としての道に志した者にとっては、飲食街で遊んだり、詩や酒に狂うというような暇は絶対にない。」

時代を拓く志士を諭す一言であったかも知れないが、
私には、開き直ることしかできない。

「どーせ毎日飲んで遊んでますよーーーー。」ビールビールビールビール


posted by M at 15:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
松陰って、そんな嫌な奴だったのか!
私も学ばないな。弟子にもしてくれないだろうが。
Posted by 山本 at 2007年05月21日 16:00
山本さん >>

そうそう松陰って、どうやらそんな奴なんですよ。
現代人の辛さ(楽しさ??)も知らないで、今更こんな本まで出してサ。

まったく、弟子なんてこっちから願い下げですよねぇ。

っって今日も酔ってるMより。
Posted by M at 2007年05月21日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。