2014年11月13日

バカヤロー2

先日、iPhone6 Plusを購入した時の話。

それまで、使っていた iPhone5 を
下取りに出すことで話を進めていた。

受け取りに行った時のこと、
ショップの店員の下取り価格の提示が、
予約した時の見積もりより、7,000円も安い。
(34,000円 → 27,000円)

指摘すると、
「現在の下取り価格は、27,000円ですので、、」と回答。

予約して40日も待たせたあげく、
下取り価格も下がるなるなんて、、。 ちっ(怒った顔)

小生:「どこのショップでも、予約した時の下取り価格ではなく、
    受け取り時の下取り価格になるのですか?」
店員:「はい」
小生:「それはおかしい。auに問い合わせてください。」
店員:「ショップから問い合わせはできません。
    お客様から電話されてください。」
小生:「それでは、ここで電話します。」

小生が、auに電話して聞くと、、
差額は電子マネー(au WALLET)に払戻しされるという。
店員に受話器を渡し、直接説明を聞いてもらった。

まったく謝ろうとしない店員に
「あなたの話を信じていたら
 私は7,000円 損してましたね。」

といったところで、
それを聞いていた他の店員に(担当が)替わった。

20141113.jpg


posted by M at 23:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まったくだめな店員だな
怒るのもむりないな
Posted by 手タレ at 2014年12月01日 08:15
手タレ君 >>
 君だったら、白目をむいて怒鳴っているな。
Posted by M at 2014年12月06日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。