2014年01月16日

小ぶりな蕎麦器

やわらかな、その温かい姿が気に入り、
小生オリジナルで作ってもらった
「小鹿田(おんた)焼」の蕎麦の器。

このたびの作品は、サイズが少し大きめだったので、
再び、小ぶりな猪口と徳利をお願いすることにした。

(サンプルとして取り寄せた器と小鹿田の器)
20140116_1.JPG

つぎの(登り窯への)窯入れは、3月だそうだ。
今から楽しみである。 わーい(嬉しい顔)

応援クリックをよろしく。 ↓↓


クリサポメンバー登録募集中!



posted by M at 23:59| Comment(0) | 蕎麦打ちの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。