2013年12月26日

仕事納め

本日、一足先に仕事納め。 わーい(嬉しい顔)

いただいたお酒を
(正月まで待てず)飲みながら、
自分にご苦労さんと語りかけた。

20131226_1.JPG

「沙羅双樹」(しゃらそうじゅ)
釈迦が入滅したとき、
その寝床の四隅にこの木が枝葉をしげらせていたために、
仏教ではこの木を尊ぶ。
(いわゆる”一日花”で、朝に咲き、夕べに散る)
インドでは自生するありふれた花木だが、
日本では自生しないため、夏椿で代用されている。



「沙羅双樹の花の色、『盛者必衰』の理をあらわす」 ※

『生者必滅』
一度くらい咲いてみたいと願う、年の瀬である。 わーい(嬉しい顔)


※平家物語の出だしの名文句の元は、中国の仏典から引用。
「生者必滅」を「盛者必衰」に替えたのは、
平家一門の盛衰を意識して、変更したものと言われている。


応援クリックをよろしく。 ↓↓


クリサポメンバー登録募集中!



posted by M at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。