2013年03月04日

子どもとファンタジー

守屋慶子さん(発達心理学)の著書「子どもとファンタジー」を読んでいる。
一篇の短い物語(絵本)に対する、各国の子どもたちの感想をもとに、
感情や認識、「自己」の発見過程について、書かれた本である。

子どもたちに読み聞かせたのは、シェル・シルヴァスタイン(Shel Silverstein)の
「与える木」(The Giving Tree)という絵本。
リンゴの木と一人の少年の生涯にわたる交流の物語である。

20130304.JPG

応援クリックをよろしく。 ↓↓


クリサポメンバー登録募集中!



posted by M at 23:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいね君はファンタジーで
Posted by 手タレ at 2013年03月13日 14:30
手タレ君 >>
 >いいね君はファンタジーで
 
 いやいや、君のメルヘンには負けるよ。(-_-)
Posted by M at 2013年03月20日 21:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。