2012年07月14日

男旅_第2弾(山口県・須佐)@

昨日決めた須佐への旅、
手タレ君を誘って出発です。 わーい(嬉しい顔)

早朝、広島駅まで手タレ君を迎えに行きました。
外は大雨、新幹線で来た手タレ君は、ブツブツ言っています。 ふらふら

20120714_1.JPG

しかし、そこは、晴れ男の小生。
浜田道で浜田に着く頃には、すっかり雨は上がっていました。 わーい(嬉しい顔)

浜田から9号線を走り、須佐に着きました。
まずは、ホルンフェルスの見学です。

20120714_3.JPG

20120714_2.JPG

つぎに高山山頂の展望台で景色を見た後は、寝床を探します。
ホームページで見ていた「須佐湾エコロジーキャンプ場」に行ってみると、
1つだけバンガローが空いていたので、ここに決定。
(行き当たりばっ旅です。だめなら、車で寝るだけです。)

つぎは、夕食の調達です。
(キャンプ場から割引チケットをもらい)
須佐湾フィッシングパーク(釣り堀)に行って、活きのよい魚をゲットします。
(須佐湾の入り江をそのまま生かした釣り堀なので、天然に近い魚を釣ることができます)
結構大物が釣れ、しかもすべて重さによる買い取りと聞いていたので、
一人一尾までと決めて、二人でチャレンジ。
手タレ君は、(釣る楽しみはほとんど味わえないまま)入竿と同時に大物の鯛をゲット。

20120714_5.JPG

小生は、しばらく釣りを楽しんだ後、同じくらいのサイズの鯛をゲットしました。

20120714_6.JPG

釣った魚は、キャンプ場に持ち込むと、格安で調理してくれます。
夕食に、この日、男命(みこと)イカの新鮮なのが入ったということだったので、
刺身(2人前)も追加しました。夕刻の受け取りとなります。

ビール調達の買い物を済ませ、
夕刻まで、二人乗りシーカヤックで遊びました。

夕刻より雨になりましたが、もはや小生達には、関係ありません。
(テントキャンプをしている人は、かわいそうです)

屋根付き五右衛門風呂での入浴を済ませ、
いよいよ、お楽しみの夕食です。 グッド(上向き矢印)

鯛の刺身に、塩焼き、あら煮、そして男命(みこと)イカの刺身が並びます。 わーい(嬉しい顔)
上半身はだかで、お預け状態の手タレ君。 冷たいビールで乾杯です。
20120714_9.JPG

ムチャクチャ新鮮、まだ生きています。
20120714_8.JPG

楽しい夜が更けていきました。

応援クリックをよろしく。 ↓↓


クリサポメンバー登録募集中!



posted by M at 23:59| Comment(1) | 旅のすゝめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イヤー今回も楽しかったね
今回のテーマ(銭金を言わない)贅沢な旅でした。

五右衛門風呂(露天風呂)は恥ずかしかったな。
丁度俺が入ってるときに、若い女性軍団が来て全裸まるみえ、おまけに頭洗ってる時だからこれがまたやっかいだった。

釣り堀は、君にだまされた。俺に釣りもできると今回喜ばせて誘い、竿をもった時間1分半。力道山でも最速試合は2分だぜ〜、ほんときつねにつままれた気がする。

しかし、鯛は絶品

(詩吟)
♪キャンプに来ている女性をみていて〜
浮き輪をふくらましてる唇をみていたら
なんだかイケソウなきがする〜♪
Posted by 手タレ〜晴れ雄豚様〜 at 2012年07月17日 13:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。