2012年06月07日

目には目を

広島大学(文学部 玄関)には、ハムラビ法典(原寸大の複製)がある。

20120607_1.JPG

ハムラビ法典は、
バビロンの第一王朝第6の王ハムラビ(在位:紀元前1729-1686)の編纂した法典。
(黒色閃緑岩の円柱、高さ2m48cm オリジナルは、ルーブル美術館に所蔵)

「復讐法」として知られる「目には目を」の文言が刻まれている条文は、
裏面中央部にある。(楔形文字だから見てもなにがなんだか、、、)

ちなみに、「目には目を」とは、
「やられたらやりかえせ」の意味ではなく、
「やられたことの、同等の懲罰にとどめること」と定めたもの。
(ただし、これは、対等な身分同士の場合で、
 自由民と奴隷では、あてはまらない。)


応援クリックをよろしく。 ↓↓


クリサポメンバー登録募集中!

posted by M at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。