2009年09月29日

Loreley

映画「翔んだカップル」の挿入歌「ローレライ」(H2O)

ローレライ(Loreley)は、ライン川(ドイツ)流域の突き出た岩山のこと。
川幅も狭く航行の難所であったことが、ローレライにたたずむ金色のクシを持った美しい少女に船頭が魅せられると船が川の渦の中に飲み込まれてしまう、という魔女伝説に変化したものだそうだ。

中学時代の小生は、この映画の主役、当時の薬師丸ひろ子が
このローレライ伝説そのものだった。




posted by M at 23:14| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ははあ
それで今でも
金色のおぐしをした
(夜目には)美しく見える
(昔の)少女に
騙されるのですね(笑)
Posted by 同期のチューバ at 2009年09月30日 08:26
同期のチューバさん >>
 今ではローレライ前の川幅も広くなり事故もなくなったそうです。
 小生の川幅も広くなりました。(^^)
Posted by M at 2009年09月30日 22:42
>小生の川幅も広くなりました。(^^)

えっ!
皮幅?(笑)
Posted by 同期のチューバ at 2009年10月01日 08:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。