2009年05月06日

WALL・E

GWの最終日、DVDをレンタルして「ウォーリー」を観た。
心温まる映画。 わーい(嬉しい顔)

ストーリー >>
29世紀──人類はゴミだらけになった地球を捨て、宇宙に逃れた。荒れ果てた地球に残されたのは、ただひとり──“地球型ゴミ処理ロボット”のWALL・E(ウォーリー)だけだった。700年という気の遠くなるような孤独の中で、ウォーリーはその小さな身体を使って、どんなときもコツコツとゴミを片付け続けた。いつの日か、誰かと出会えることを信じて…。
ある日、そんなひとりぼっちのウォーリーの前に現れた、ピカピカのロボット“イヴ”。
天使のように美しいイヴに恋をしたウォーリーは、、、、




ウォーリー自身の太陽電池が充電完了した時の音は、Macの起動音。
さすが、ピクサーだ。 わーい(嬉しい顔)


posted by M at 23:59| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
切実な話ですね!!

自然に逆らわずに生活して出るゴミは
ちゃんと自然に帰るので問題なし!

人間が利便さを求め勝手に素材加工して
放置しておくと帰らない環境ゴミが問題!!

使用後は原材料に戻す義務を怠ると・・・
その寿命は29世紀までですか!!

もはや地球は危篤状態ですか! 
中国のアチコチの川が科学薬品廃液で
真っ赤になっている映像を見るたびに・・・

さてその時歴史はどのように動くのか
大型ゴミのお宮さんは・・・
分別不能でウォリーのお世話か!!

アッシーは宇宙の彼方から観ていますよ!!

Posted by tetujinn27 at 2009年05月09日 08:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。