2009年03月25日

武勇伝

ある勇敢な男の話をしよう。
遠い遠い昔の話だ。

ある飲み会で,男と女がいい雰囲気になっていた。
男がなにげなく発した言葉に,女が強烈な誘いとも取れる返答。
「それって,私と「マディソン郡の橋」をしたいってこと?? 」黒ハート

男のハートに火をつけた一言だった。 ハートたち(複数ハート)
(まさに「今夜いけそうな気がするぅ〜〜」)

深夜,その彼女の部屋の前にたたずむ男がいた。
手には,ビールとおつまみ。
浮かれてベルを鳴らし入ろうとする男に
女はあっけなく門前払い。失恋

「あの言葉は,まさに殺人兵器」とその男は後に語っている。

この話は、小生達のあいだで,
「マディソン郡の”恥”」
と呼ばれ、後世に語り継ぐべきマヌケ話として記録されている。 わーい(嬉しい顔)




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。