2008年10月04日

旅の余韻(その4)

(3日目の門司より)
1917年(大正6年)に建てられた旧大阪商船ビルの2階に,
「わたせせいぞう」の小さなギャラリーがあった。

わたせせいぞうは神戸生まれ。
生後まもなく北九州市に移り,大学に行くまで
北九州小倉に住んでいたそうだ。(知らなかった。)

20081004.jpg

20081004_1.jpg

わたせせいぞうと海のギャラリー >>


posted by M at 23:35| Comment(6) | 旅のすゝめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さて、そろそろ
土産話から土産物に話題を変えましょうか。
Posted by 山本隊長 at 2008年10月06日 06:59
この人の絵はいいね
Posted by 手タレ at 2008年10月06日 08:15
手タレさん >>
 学生時代の手タレさんの部屋は
 ハートカクテルに出てくるような部屋を真似てましたね。
 間接照明とかやたら多かったですね。
Posted by M at 2008年10月06日 16:04
北九州は異国情緒の建物が今も残っていて大好きです
しかし、写真がとてもうまくなったね
感心 感心
Posted by 手タレ at 2008年10月06日 16:08
手タレさん >>
 カメラの腕前ほめてくれてありがとう
 そうだね 手タレさんは以外にもロマンティック
 で神戸とかよく行ってたよね
 
Posted by M at 2008年10月06日 16:10
山本隊長さん >>
 もうしばらく,
 余韻に浸っていたいので,,,。
 ご勘弁を。
Posted by M at 2008年10月07日 18:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。