2008年09月27日

一人旅−山口編−(出発)

これより,一人旅に出発。
行き先は山口。

名付けて「寅さんのモデルをたどる旅 −山口編−」。

山田洋次監督は山口宇部で育った。
高校時代,闇市で売るものを仕入れるため,
その宇部から苦労して汽車を乗り継ぎ
長門のさらに先「仙崎」まで,通っていたそうだ。
その苦しい列車の旅の中,一人の愉快な男と出会う。
この男の周りには多くの人が集まったそうだ。
苦しみを和らげてくれる男,
この男が「寅さん」のモデルだそうだ。

路線は,美祢線。
今も,山口県山陽小野田市の厚狭駅から長門市の長門市駅を結ぶ。

小生は,この線路が見たかった。

その詳細はこの本の,このページに説明しています。>>



posted by M at 07:09| Comment(2) | 旅のすゝめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 「男はつらいよ」シリーズ、リアルタイムではないですが全て観ました。山口県を舞台も何本かありましたね!その足跡を訪ねる旅、羨ましいです。是非レポートして下さい。
Posted by ぐんぐん at 2008年09月27日 21:38
ぐんぐんさん >>
 コメントありがとうございました。
 >「男はつらいよ」シリーズ、全て観ました
 すごいですね。
 小生は,よく同じ作品を
 何度もビデオ屋で借りていました。(^^)
Posted by M at 2008年10月02日 00:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。