2013年12月11日

三次産のそばを打つ

醤油屋さんと製麺屋さんと農家が協力して
届けてくれる三次産の蕎麦粉、その名も「霧ノ下そば」。

20131210_5.JPG

本日届いたので、早速打ってみた。
蕎麦は、水の含みがよく、少量で状態が変化する。
食べると、腰があり、蕎麦の香りもよい。 わーい(嬉しい顔)

20131211_1.JPG

応援クリックをよろしく。 ↓↓


クリサポメンバー登録募集中!



posted by M at 23:59| Comment(0) | 蕎麦打ちの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする