2013年02月18日

ひび割れたハンドマイク

湯の山温泉旅情では、
手タレ君と楽しい会話の数々。
時事問題から昔話と話題はつきない。

話題にのぼったのは、体罰問題。
手タレ君の記憶で、
話は、小学校時代にさかのぼる。

学年全体の集団行動、
体育座りで集合整列をしていたとき、
一人の大きな男子児童が、おしゃべりをしていて、先生の怒りをかった。

先生は、持っていたハンドマイクでその児童の頭を殴打。 どんっ(衝撃)
頭をかかえ、痛がる児童。(その他の児童はみな静まりかえった)

このとき、なんと、
その児童の石頭が勝ち、そのハンドマイクがひび割れた。 がく〜(落胆した顔) がく〜(落胆した顔)

手タレ君の話は続く。
「今なら、体罰で、訴訟問題じゃろ〜。 ちっ(怒った顔)
 でも、先生、その後、こう言ったんよ。」
先生:「ハンドマイクが割れたじゃなぁ、
 どうしてくれるんな○○、おい!」

手タレ君の追加情報によると、
その児童は、後に、器物破損で訴えられたらしい。 ふらふら

20130218.jpg

応援クリックをよろしく。 ↓↓


クリサポメンバー登録募集中!



湯ノ山温泉旅情(つづき)

湯の山温泉の帰り道。
廿日市の極楽寺山にドライブした。

20130217_7.JPG

小生達の心のように、水も澄んでいます。
20130217_6.JPG

アルカディアビレッジは、H24/9/24から休館のまま。
20130217_8.JPG

20130217_9.JPG

雪の残る山頂。
蛇の池には、まだ氷が張っていた。

20130217_10.JPG

仕上げは、恵庭屋のトンカツ。
20130217_11.JPG

20130217_12.JPG

手タレ君との湯の山温泉旅情は、コレにて終了。
よく笑って、よく食べました。 わーい(嬉しい顔)

応援クリックをよろしく。 ↓↓


クリサポメンバー登録募集中!