2012年11月25日

残念な蕎麦屋さん

静かな雰囲気が好きで、時々行っていた「竹葉庵」。
蕎麦はおいしいのだが、
お店の女性(女将?)の応対がいつも気になっていた。

20121125.JPG

今日、「おろし蕎麦」を食べた後、
その女性がそば湯を持ってきた時のことである。

ぶっかけタイプの蕎麦だったので、
そば湯を飲むため、(遠慮気味に)
「あの〜、湯飲みをいただけますか?」
と言った後の、その女性の言葉に耳を疑った。

「普通、そのお皿で飲むんですけどね」

がく〜(落胆した顔) がく〜(落胆した顔)

普通、このお皿では飲まないでしょ。 ちっ(怒った顔)

しかも、不機嫌そうに持ってきた湯飲みは、
同じお皿タイプの蕎麦を食べた二人に対して、1つ。 ちっ(怒った顔) ちっ(怒った顔)


まったくもって、残念。 ふらふら

自宅に戻り、ネットを見たら、
同じ感想のコメントがあった。
みんなそう思うでしょうね。やっぱり。


応援クリックをよろしく。 ↓↓


クリサポメンバー登録募集中!



posted by M at 23:59| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。