2011年11月06日

モニュメント見学

尾道の向島にかつてあった高さ13メートルの時計塔。

(時計塔は、
 現:尾道造船株式会社の創立者の業績を称えたもので、
 大正15年から昭和36年頃まであったそうだ)

今年に入り、
その時計塔に埋め込まれていた、創立者のレリーフが
現:尾道造船株式会社でみつかり、
このほど、そのレリーフを用いた記念モニュメントが
尾道造船事務所前に完成したという。

ということで、昨日、
オヤジ、おじさん、おばさんと見学に行ってきた。

20111106.jpg

歴史に埋もれることなく、その存在が示されたことを嬉しく思う。

応援クリックをよろしく。 ↓↓


クリサポメンバー登録募集中!



posted by M at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする