2010年04月06日

拍手に会えた日

本日は、少しだけまじめに「拍手の起源」について。
(以下は引用。一部表現を変えています)

人間は感動したときや、うれしくなったとき、人を祝福するときなど、
意識せずとも両手を使って拍手をし、相手に対しての気持ちを表します。

これは自然の行為かというとそうではないらしいのです。20100406_6.jpg

日本の場合、拍手をするようになったのは明治以降のことで、
それも海外からの輸入であったというから驚きます。
(江戸時代に歌舞伎などの演劇を見て感激しても、
拍手などは一切しなかったらしい。がく〜(落胆した顔)

この拍手の起源は、紀元前5世紀頃の古代ギリシアで、
演劇を見たときにその内容を褒め称える意味で
手を叩いたのが最初だと言われています。

これは、手というものが人間の体のなかで
最も上等な部分だと考えられていたために、
その手から発せられる音には
貴い意味があるとされていたからだそうです。



今日は、「拍手」にこだわっていたい一日でした。わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔)        (イメージ画像)


posted by M at 23:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする