2009年04月21日

手タレ君の限界説

手タレ君,
手の皮膚の老化進行が深刻だという。
触ってみたが,薄皮が際だつ。
つまんでみても,回復に時間がかかり張りがない。

やはり,炎天下,黒く焼け焦げた皮膚の蓄積疲労か。

小生は彼の手を見て,この映画のワンシーンを思い出した。

20090421.jpg

20090421_2.jpg


posted by M at 23:59| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする