2008年10月03日

旅の余韻(その3)

山田洋次監督が,宇部から闇市の仕入れに出かけていたという長門市仙崎。
この仙崎は童謡詩人「金子みすゞ」の生まれた地でもある。
(2日目に見学した,金子みすゞ 記念館より)。

20081003.jpg

  海は青いとおもっていた、
  かもめは白いと思っていた。

  だのに、今見る、この海も、
  かもめの羽も、ねずみ色。

昭和5年,金子みすゞは26歳の若さでこの世を去っている。


posted by M at 23:52| Comment(4) | 旅のすゝめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。