2008年03月16日

手タレの生態(その2)

土日の仕事の疲れを吹き飛ばすため,
本日は,本ブログの手タレの生態の第2弾。

友人の手タレの差し歯がとれたという。
歯医者に行っても,ウミがひどいため,
すぐに歯をもとに戻すことができないらしい。

ウミのせいか,本人はとても痛がっていたが,
小生には,おかしくて仕方がない。
「は〜い。笑ってぇ〜」と涙を流し笑いながら,
心配を繰り返す。
歯抜けとなった前歯を隠すように,唇を閉じたまま,
「お前,最低だなぁ〜」と,はにかむ手タレ。

しかし,このウミがたまり,差し歯がとれたのも自業自得。
半年前に差し歯が抜けたとき,手タレは自分で治療を施したそうだ。
それも,アロンアルファ(瞬間接着剤)で,
差し歯をつけるという独自の治療法。 ふらふら

半年たって,ウミとともに再度差し歯はとれたそうだ。

写真は,復元された手タレの前歯。
20080316.jpg